基本の戦略フレームワークを理解し、相対的優位な戦いをする / マイケル・ポーター / GLOBIS(グロービス)

グロービス(GLOBIS)学習メモ🌱

◆戦(いくさ)を略すこと by 孫子

◆「何をやり、何をやらないのか」 by マイケル・ポーター

ビジネスの世界では競争が激化し、成功するためには優れた戦略が求められています。

そんな中で、マイケル・ポーターの戦略フレームワーク

多くの経営者や戦略立案者によって高く評価されており

GLOBIS(グロービス)の講義の中で、戦略フレームワークの基本として説明がありました。

この記事では、講義の復習も兼ねてマイケル・ポーターの戦略フレームワークとその活用ポイントについてわかりやすく解説します。

マイケル・ポーター とは?

高校や大学、社会人MBAなど、

経済学の授業でかならず名前の挙がる超有名人💡

経営戦略の神様的存在です👼

ハーバードビジネススクールの教授であり

戦略論の第一人者として知られています。

彼が提唱した戦略フレームワークは、競争優位性を獲得し、持続可能なビジネス成功を目指すための重要なツールとなっています。

基本戦略のフレームワーク(マイケル・ポーター)

考え方としてのポイントを3点にまとめておきます📝

コストリーダーシップ戦略

業界内で最も低コストで製品やサービスを提供し

価格競争力で優位性を持つ戦略。

大量生産や効率化を重視するため、大企業が採用します。

差別化戦略

独自の付加価値や特長を持った製品やサービスを提供し

顧客に高い満足を提供する戦略。

ブランド力や技術革新を重視する企業が採用します。

差別化には、前述の商品軸特化型と密着軸特化型が存在します。

密着軸に特化する場合は、商品のカスタマイズ性やアフターフォロー、メンテナンスなど高めて

顧客満足度を追求する戦略です。

集中戦略

特定の市場セグメントや地域に焦点を絞り

その市場で資本を集中投下して、競争優位性を築く戦略。

ターゲットを絞り込んだ市場に強い企業が採用(その多くが、大企業に正面から挑まず、勝てる市場を見つけて戦略的に採用することが多い戦略)

マイケル・ポーターの戦略フレームワーク活用のポイント

自社の競争優位性を理解する

自社の強みや弱みを正確に把握し、どの戦略を採用すべきかを判断します。

戦略を組み立てる際に「内部環境分析」は必須です。

⏬参考記事:内部環境分析の代表格、3C分析についてまとめた記事を掲載しておきます⏬

3C分析

資源と能力を最適活用して「強み」をつくる

選んだ戦略に沿った資源と能力の最適な活用が重要で、これが自社の「強み」となります。

競争優位を築くためにはリソースの効果的な配置が不可欠です。

⏬参考記事:内部資源の分析と活用については、VC分析(バリューチェーン分析)が最適です。過去記事を掲載しておきますので、参考にどうぞ🔽

バリューチェーン分析 目的 メリット
バリューチェーン分析 目的 メリット

3C分析で、顧客や競合を明確に設定し、VC分析で競合他社が真似できないような優位性を持った強みを確立していきます📝

市場環境の変化への適応

ビジネス環境は常に変化しています。

戦略は柔軟に見直し、環境に適応していくことが非常に重要!

⏬参考記事:市場を取り巻く環境分析については、PEST分析が有効です。参考に記事を掲載しておきます🔽

強い者が生き残るのではない、唯一生き残るのは、変化できるものである(ダーウィン)

基本となるフレームワークは体に染み込ませておきたい知識ですね📝

以上、報告いたします。

お疲れ様でした!

Amazon.co.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました