バリューチェーン分析とは?

バリューチェーン分析 目的 メリット グロービス(GLOBIS)学習メモ🌱
バリューチェーン分析 目的 メリット

自社の強みを理解して、戦略的に行動しましょう!

 バリューチェーン分析とは何か?

バリューチェーン分析とは、企業が商品やサービスを提供するまでに必要な、あらゆるプロセスを分析することで、価値を最大化するための戦略的分析手法です。

商品やサービスを提供するためには、原材料の調達から生産、流通、販売、サポート、廃棄処理などの様々なプロセスが必要です。

バリューチェーン分析では、これらのプロセスを個別に分析し、それぞれにおいて、どのような付加価値が生まれるのか、どのようなコストがかかるのかを詳細に調べることができます。

その結果、企業は、どのプロセスに重点を置き、どのプロセスを改善することで、商品やサービスの品質や効率を向上させ、顧客満足度を高めることができるかを把握することができます。

バリューチェーン分析のメリットと目的

バリューチェーン分析のメリットと目的は、以下のようなものがあります。

・企業の全体像を把握すること

バリューチェーン分析により、企業の生産プロセスや製品、サービスの提供までに関与するすべての部門やプロセスを把握し、それらを統合的に捉えることができます。

これにより、企業の全体像を把握することができます。

自社、競合について分析すると成功・失敗の原因分析もできるため戦略を立案するときに使用すると説得力のあるプレゼンができるのでオススメです📝

🔽関連記事:マーケティングの定石を理解し、普遍性・法則性に沿って戦略を立てる(経営戦略/佐藤義典)🔽

・コスト削減

バリューチェーン分析により、どのプロセスが特にコストがかかっているのかを把握し、効率化することでコスト削減につなげることができます。

・競争優位の確立

バリューチェーン分析により、自社の強みや競合他社との差別化ポイントを把握し、戦略的な意思決定を行うことができます。

企業が提供する付加価値を明確にして、最大限に活用する戦略が必要になっています。

・顧客満足度の向上

バリューチェーン分析により、どのプロセスが顧客満足度に直結しているのかを把握し、改善することで顧客満足度の向上につなげることができます。

下記、顧客の視点や企業の強みについての重要性について触れている記事です。

🔽関連記事:「ドリルを売るには穴を売れ📚佐藤義典」マーケティングの普遍的概念はビジネスマンの基本🔽

ドリルを売るには穴を売れ

・サプライチェーンの改善

バリューチェーン分析により、サプライチェーン内での情報の共有や調整を改善することで、生産性や品質の向上、在庫の削減などが可能になります。

まとめ

バリューチェーン分析の目的は、企業の全体像を把握し、コスト削減や競争力の向上、顧客満足度の向上、サプライチェーンの改善などにつなげることです。

具体的には、製品やサービスの提供までに関与するすべての部門やプロセスを把握し、

それらを統合的に捉え、各プロセスの効率化や改善を行うことで、企業の業績向上につなげます。

以上、報告します。

お疲れ様でした☆彡

バリューチェーンを分析するときは自社・競合・顧客の視点も重要なので3C分析も併用してみましょう_φ(・_・

🔽関連記事:3C分析とは?🔽

3C分析

コメント

タイトルとURLをコピーしました