「値決めは経営!?」価格設定の成功法則!マーケティングのプライシングとは?

グロービス(GLOBIS)学習メモ🌱

『値決めは経営』@稲森和夫

稲森さんの有名な言葉ですね。

経営の死命を制するのは”値決め”とおっしゃっている通り

マーケティングにおいて、商品やサービスの価格設定は重要な要素です。

消費者の購買意欲や競合他社との競争力に大きな影響を与えるため、

適切な価格設定は成功に向けたカギとなります。

その価格設定に関わる戦略が「プライシング」です。

今回は、マーケティングのプライシングについて、わかりやすく解説します。

プライシング とは?

プライシングとは

商品やサービスの価格を決定する戦略のことを指します。

つまり、消費者が支払う金額をどのように設定するかに関わる重要なプロセスです。

プライシングの成功は

利益を最大化するだけでなく

消費者の購買意欲を引き出し

競合他社との差別化を図るために不可欠です。

プライシングの種類

市場価格設定

市場の価格を参考にして価格を決定する方法です。

競合他社との価格比較や市場の需要と供給を考慮して、適正な価格を設定します。

コストプラスマージン

生産や提供にかかるコストに一定のマージンを加えた価格を設定する方法です。

利益を確保しつつ、コストをカバーすることが目的です。

コストから販売価格を決めるボトムアップ型のプライシングで

顧客目線より売り手目線が強くでる戦略

ゾーンプライシング

地域ごとに価格を設定する方法です。

地域の経済状況や競合状況に応じて価格を調整し、地域に適した価格を提供します。

プレミアムプライシング

高品質や高付加価値をアピールし、他社よりも高めの価格を設定する方法です。

ブランドのイメージを重視する戦略です。

プライシングの重要性

利益の最大化

適切な価格設定により、収益を最大化することができます。

競争力の向上

競合他社との価格競争や差別化により、競争力を高めることができます。

購買意欲の喚起

消費者は価格に敏感であり、適正な価格設定は購買意欲を喚起します。

プライシング まとめ

マーケティングのプライシングは、

商品やサービスの価格設定に関わる重要な戦略です。

適切な価格設定は

利益の最大化や消費者の購買意欲を喚起するために不可欠です。

市場価格設定やコストプラスマージンなど

様々な手法を用いてプライシングを行うことで

競争力を高め、成功(売上、利益の向上)に近づくことができるでしょう。

以上、報告いたします

お疲れ様でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました