アンゾフのマトリックスとは?

グロービス(GLOBIS)学習メモ🌱

適切な成長戦略を選択するためのツール

アンゾフのマトリックスは、経営戦略のフレームワークの一つで、製品や市場の現状と将来の成長の可能性を分析するために使用されます。

このマトリックスは、横軸に「市場」の既存・新規、縦軸に「製品」の既存・新規をとり

✅4つの戦略オプションのマトリックスを示しています。

  • 市場浸透戦略:現在の製品を現在の市場で販売する。
  • 新市場開発戦略:現在の製品を新しい市場で販売する。
  • 新製品開発戦略:新しい製品を現在の市場で販売する。
  • 多角化戦略:新しい製品を新しい市場で販売する。

このマトリックスは、企業が戦略を策定する際に、市場と製品の分析を基に適切な戦略を選択するためのツールとして広く使用されています。

✅今回は、アンゾフのマトリックスを使って企業分析してみます👔

UNIQLOをアンゾフのマトリクスで分析📝

  1. 市場浸透:既存の製品を既存の市場で販売促進することを意味します。ユニクロは、顧客のニーズに合わせた製品を開発し、既存市場での多店舗化により販売促進を進めています。また、オンラインショッピングの拡大にも力を入れており、これを活用して市場開発を進めることが考えられます。
  2. 新市場開拓:現在の製品を既存の市場以外の新しい市場に販売することを意味します。ユニクロは、世界中に店舗を展開しており、海外市場での拡大を積極的に進めています。アジアや北米市場での売上高の増加を目指し、新しい市場での販売促進活動を行うことが考えられます。
  3. 新製品開発:新しい製品を既存の市場で販売することを意味します。ユニクロは、高機能性や快適性に優れた製品を開発し、消費者に選ばれる商品ラインナップを拡大しています。例えば、ヒートテックやウルトラライトダウンなど、革新的な素材を用いた製品を開発し、消費者から高い評価を得ています。
  4. 多角化:新しい製品を新しい市場で販売することを意味します。ユニクロは、アウトドアウェアやスポーツウェアなど、既存の事業領域とは異なる製品カテゴリーにも進出しています。これにより、新たな顧客層を開拓し、事業の多角化を進めることが考えられます。

以上のように、ユニクロはアンゾフの成長マトリックスの各戦略を柔軟に活用し、積極的な成長戦略を展開しています。

以上、お疲れ様でした

コメント

タイトルとURLをコピーしました